ELECTIVE COURSE

NTU GMBAでは約30科目の選択科目(エレクティブコース)を提供しています。その中から日本人在校生が特に印象に残っているコースの概要をいくつか紹介します。

・Chinese Family Business
台湾の同族経営かつ上場企業の二代目社長を講師に迎えて行われる授業です。日本同様に同族経営が企業全体の90%を超える台湾にあって、GMBAの台湾人学生の中にも上場企業の後継者が多くおり、クラス内ではアカデミックな学びのみならず、よりリアルな意見交換がなされます。それらに加え、台湾大手のエバーグループなどの実際のケースを扱う等を通じて、世界のビジネスの中でも特殊な商習慣をもつ華人世界におけるビジネスについて学べるクラスです。

・Mergers, Acquisitions, and Strategic Alliances
4日間の集中講座であり、その中でフォックスコンによるシャープ買収等々様々なM&Aや戦略的提携のケーススタディをこなすクラスです。チームを組み、その中でファイナンスや会計分野の知識を基に将来予想される売上、利益、投資回収期間、適正株価を予想するという活動もあります。また当コースは3人の教授が担当し、それぞれがユーモアと毒舌を絡めながら、実務的、業界の裏事情、事業売却の交渉でのコツ、聞き手を退屈させない多様な情報を提供してくれます。

・Global Management Forum
海外へ渡航し、1週間の滞在期間の間に、現地の大学や企業でのレクチャーやプレゼンを行います。これらの機会により、台湾のみならずその他アジアの国のビジネスについて学ぶことが可能となります。

【渡航例】
2019年:シンガポール
(SMU, Grab,ツイッター等)
2018年:中国・杭州
(浙江大学,吉利控股集団,アリババ等)

▼2018年GMFフィールドトリップの様子